So-net無料ブログ作成
検索選択
入院中(手術当日) ブログトップ

入院2日目(手術当日) その4~病室帰還から就寝まで [入院中(手術当日)]

30分おきくらいに、看護師さんが血圧と血中酸素を測りに来ます。

約1時間後に、酸素吸入マスクが外されましたが、血中酸素を測ると93%くらい。深呼吸して測りなおすと99%に復活。
ほどなく飲水許可が出ました。
湯のみの水をストローで飲むように指示されますが、「いや、大丈夫です」と、直接口から飲みます。
ここで危ないのが、誤嚥です。
慎重に、少しずつ水を流し込み、気管に水が入らないように注意します。
「大丈夫だ」と言い張っている手前、むせるのは格好つきませんからねw
無事に湯のみ一杯、水を飲み終えました。最後の方は普通にごくごく飲めました。

マスクが外れたので、会話がだいぶ楽になりました。
夫とおしゃべりをして気を紛らわせます。
夫は、手術中にあった地震でかなり不安感がつのっていたようで、しきりにそのことを話しています。
そうだよねえ。心配かけちゃってごめんね。

病室に帰ってから3時間後、ついにきました!お小水の管を外すときが!!
看護師さんに前日からずっと「お小水の管はいつ外せますか、歩いたら外せますか、どうすればすぐ外せますか」と、しつこいほどに「お小水の管を外したいアピール」をしていたので、医師はまだだめと言っていたらしいですが、外すことを看護師さんが強く言ってくれたらしいです。
病室に帰ってきたときも、「夜までに絶対自力で排尿して、夜勤の看護師さんに迷惑をかけませんから、なんとかお願いします。」と、しつこくお願いしていました。
(注:姉から、「日中に外して、結局、夜になっても自力で排尿できないのでもう一度入れて下さい、って患者さんいるんだよね。夜勤って人数少ないから、管入れるってすんごい迷惑なの。だから、私が日勤のときは午後になったら絶対外さない。」と厳しい発言があったので。)
本当は明日、と言われていたので、とってもうれしいです。ありがとう、看護師さん。

やったあ!外したら、即、歩くぞ!!

お小水の管は、入れるのも外すのも初めてでした。
入れたときには意識がなかったので、ちょっとどきどき。
管を色々してから、ぐーっと管を抜いていくと、あ・・・やっぱりちょっと痛い。でもすぐに終わりました。
あーすっきり。

看護師さんに手伝ってもらって、術衣とT字帯も取り自分の下着とパジャマに着替えます。

トイレに行きたくなったら言って下さいね。初歩きは転んじゃうかもしれないので危ないから、絶対、呼んでくださいね。」
「いや、今歩きます。」
「え?もう少ししてからの方が・・・」
「いや、大丈夫です。歩けます。」
ごり押しにより、初歩きです。

体制を変えてベッドに腰掛け、ゆっくりゆっくり立ち上がります。
全身麻酔の後は力が入らないので、立っているつもりでもよろけてしまったり転倒してしまったりして、危険とのこと。
力がはいらないので、手をつくなど受け身をうまくできないので、けがをしてしまうらしいです。

意外に立てます。
点滴台を支えにして、一歩ずつゆっくりしっかり歩いて行きます。
いける、いけますよ。

目標はトイレまで行って、自力で少しでも排尿すること。
トイレに無事到着。さあ、自力排尿できるか・・・
さっきまで管が入っていたので出ないでしょうが、ぐーっと腹圧をかければちょびっとくらいは出るかな・・・と。

はっと気がついたのですが、子宮頸部を切除しているので、腹圧をかけると傷口が開くのでは?
微妙に、微妙に、力をかけてみます。
気を楽にして、膀胱あたりをぐーっとげんこつで押し、ふーっと息を吐きます。
お!出ました。ちょろり、ぽたりと。やったあ。
しかし・・・む?うひゃあ~!尿が、外陰部にすごくすごく、しみますよ~ (T T)
思わず腰が浮いてしまいました。
予想外。
確かに、どこも切ってない分、外陰部にはとっても負担がかかってるのでしょうね。
でも結構つらいよ。こんなしみる痛さは、初めての体験。

トイレからの帰り道は、すたすたと、走れそうな勢いで普通に早足で帰ってきました。
看護師さんも「もう普通に歩いてますねw。あとは普通に行動して大丈夫ですよ。」と嬉しいお言葉。
さきほど、水もごくごく普通に飲んでいたので、夕食もOKとのこと。しかも常食。
そういえばお腹空いたなあ。

いつもよりたくさん水を飲むように、と指示されたので、病室の外の給茶器に何度も水を汲みに行きます。
歩く練習にもなってちょうどいいね。

夕食の時間になり、同室の方はみんな配膳がされましたが、私のご飯はきません。
待っても待ってもきません。
聞いてくる、という夫を制止して、もう少し待ってみますが、きません。
さすがに夫が我慢できなくなり、ナースステーションへ。
どうやら、夕食OKの医師の許可が夕食のオーダー時間を過ぎていたので、通常の配膳ではこなかったとのこと。
看護師さんに配膳室まで取りに行ってもらい、ようやく24時間ぶりの食事です。
もちろん、完食。

夕食後、しばらくすると尿意が・・・!
無事に自力排尿もできました。これで夜も安心です。

夫が帰った後は、ラジオを聞きながらレース編みをして過ごします。
消灯時間が近づいてくると、昨日眠れなかったこともあり、さすがに眠くなってきました。
でも、25時くらいに点滴終了で針も外しますよ、と言われていたので、そこまで起きていたいのですが・・・

消灯後もベッドの上の電灯をつけて、本を読んでいましたが、油断するとまぶたが閉じそうです。
今日は北京オリンピックの開会式。
同室の方はみんなテレビで開会式を見ているようです。
私は、とりあえず25時までは眠ることにしましょう。
うとうとして、23時過ぎくらいに目が覚めます。
電灯はちょっと点けられないかな、と思い、ベッドの中で昨日のように過ごします。
眠ってても時間になったら看護師さんが来て起こしてくれるのでしょうか、なんとなく気になって眠れません。

やっと25時です。
看護師さんが来て、点滴を外し、腕に刺さっている点滴針も外してくれます。
やっとすべての管が抜けました。
身体の自由が嬉しいです。

その後は、起床時間までぐっすり、熟睡することができました。

明日退院できるといいなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

入院2日目(手術当日) その3~覚醒から病室帰還まで [入院中(手術当日)]

・・・・・・「・・・さ~ん・・・」
・・・誰かが私の名前を呼んでいる・・・はっ!手術おわったんだ!!

反射的に「今、何時ですか?」と聞くと、「1時45分です。」
姉は14時過ぎに出るって言ってたから、病室まで10分、色々やって14時頃には病室に戻れるな。間に合いそうだ!

いつの間にか術衣もちゃんと着せられ、酸素吸入マスクと点滴、お小水の管も付けられています。
まわりの器具とか何かを色々したあと、台に乗ったまま手術室の出入り口に運ばれます。

医「大丈夫ですか?痛くないですか?」
私「大丈夫です。のどが少し痛いです。」
医「気管に管を挿入してたから、それはしょうがないですね。でもすぐ治りますよ。意識はどう?」
私「はっきりしてます。計算もできますよ。」
医「手術中のこと覚えてる?」
私「いいえ、全然。さっき目覚めるまで意識はまったくないですよ。」
医「いやー、実は、終わりの方で麻酔が覚めかけちゃったみたいでねw。」
ほ、本当ですか?そんな恐ろしいことが・・・
(注:後で姉に聞くと、「多分、動いたんだよ。」とのこと)

医「あんまり出血しなかったから、明日退院できるんじゃない?」
私「えっ!だって主治医の先生は、明日はだめ、最短で明後日って言ってましたけど・・・」
医「そう?でも明日退院できると思うけどなあ。」

そんなことを聞いちゃったら、意地でも明日退院しなければ!
がぜん元気が出てきました。

ほどなく手術室の出入り口に到着。
手術室の台から病棟のストレッチャーに移動されようとしたとき、
「おや?(お小水の)バッグが台にはさまっちゃって・・・だめだなあ、外れないよ。もう一回部屋に戻らなきゃ無理だね。」
えぇ~、こんなところで時間のロスを・・・間に合わなくなっちゃうよ。

一番奥の部屋に戻り、何かすると、バッグはすぐに外れました。
みなさん口ぐちに「なんでこうなっちゃったんだろう。有り得ないよ。」と文句を言っています。
文句を言いたいのは私です (T T)

今度はスムースにストレッチャーへの移動完了(当り前)。
お願いです、早く病室へ行って下さい・・・

私の入院した病院は、かなり古くて、病棟と手術室はいくつもの長い渡り廊下とエレベーターでつながれています。
迷路のような経路で病棟へ向かい、ようやく最後のエレベーターに乗りました。
フロアに到着してドアが開いた瞬間、姉がエレベーターに飛び込んできました。
「大丈夫!?わかる!?痛くない!?」怒濤のごとき発声とともに、あっけにとられている新人看護師さんたち二人からストレッチャーを奪い取り、超高速ダッシュでエレベーターの外へ、そしてそのまま病室までマッハのスピードでストレッチャーを押して行きます。

姉はいつもこんな感じで仕事をしているのでしょうか・・・。
新人看護師さんと仕事をしていたら、びびりまくりでしょうなあ。

「大丈夫だよ。子宮体癌検査の方が痛かったよ。意識もはっきりしているよ。」
「あぁ~よかったよ~。ナースステーションにお迎えの連絡が入ってから、病棟に帰ってくるの遅いから、心配しちゃったよ~。」

手術が終わって覚醒すると、手術室から「迎えにきてください」と病棟のナースステーションに電話がかかってくるらしいのです。
お迎えの電話は、患者さんの名前が呼ばれて担当看護師に代わり、「はい、わかりました。」とすぐに終わるから、外で聞いててもわかるとのこと。
だから、私の名前が呼ばれた電話がかかってきてから「10分くらいで帰ってくる」と思って待っていたのに、時間が過ぎても帰ってこなかったので、姉は、「遅い!!」と、手術室まで行きそうな勢いだったらしいです。

看護師さんの手でストレッチャーがベッドに横づけされると、「できそうなら、自分でベッドに移動して下さい」と言われました。
なんだかわからない意地で、「もちろんできます」と、痛みをこらえて気合でベッドに移動します。

「大丈夫?痛くない?気分はどう?」と姉。
「大丈夫。痛いけど平気だよ。本当に検査の方が痛かった。意識もはっきりしてるよ。」
「よかったよ~。じゃ、もう夜勤に行くからね。いてあげられなくてごめんね。」
と、言うが早いか目にもとまらぬ速さと勢いで、あっと言う間に廊下に消えて行きました。

姉がこんなに心配していたのには、訳がありました。

手術中、姉と夫が病棟の談話室で待機していたときのこと。
夫「大丈夫かな・・・やっぱり心配だよ。」
姉「医療関係者じゃないと、様子がわからないからやっぱり心配だよね。大丈夫。お腹も開けないし、手術の中では屁みたいに簡単な手術だからさ。まあ、大きな地震があるとヤバイけどね。」

全身麻酔なので、自発呼吸を止めて気管に管を挿入し、人工呼吸器で呼吸管理をするため、大きな地震などで気管に挿入した管が外れてしまうと、呼吸が止まってしまうので、とても危ないそうです。

と、そんな話をした直後に、ぐらり。なんと、多摩地方震度4、ここ東京23区は震度3の地震が・・・∑( ̄口 ̄)[exclamation×2]
手術室に行ってから約1時間後、まさに手術真っ最中です。
思わず立ち上がってしまったそうです。

おかげさまで、管が外れることもなく、無事に戻ってくることができました (^ ^)

ベッドに横になっている私の身体には、相変わらず酸素吸入マスクと点滴、お小水の管が付いています。
もちろん、着衣は術衣とその下はT字帯。T字帯には、前日に看護師さんに渡した夜用ナプキンがあてられています。
ベッドの横には大きな酸素ボンベが置かれいて、病人感が満載です。

ベッドは手術中に整えられていて、シーツの上に防水の横シーツが敷かれています。
膣内にはガーゼが詰められていますが、たくさん出血するともれてしまうので、横シーツは必須です。

この横シーツ、かなりスグレモノです。退院した後もバスタオルを横シーツ代わりにしていました。
出血によるシーツやマットの汚れを気にしないで寝ることができるので、安心して眠ることができます。
横に敷くので、寝がえりしてもずれません。

看護師さんが、血圧、血中酸素などを測り、出血チェックをします。
今のところ、特に異常なし。
痛みはあるけど我慢できそうだし(しつこいですが、子宮体癌検査の方がよっぽど・・・)、なんとか痛み止め無しで「元気さをアピール」していければ、本当に明日退院できるかもしれないかな?

あぁ、やっと終わったなあ。
当たり前だけど、意識がなかったからあっと言う間だったし。
まだ、切除したところの病理検査もあるし、傷が治るまでの痛みや感染症予防なんかもあるけど、とりあえずひとつ終わり。

あとは、意地でも明日退院だ!

「入院2日目(手術当日)」編は、次回ようやく最終回。
nice!(0)  コメント(0) 

入院2日目(手術当日) その2~手術室入室から意識がなくなるまで [入院中(手術当日)]

手術室に入るのは、初めてです。
空気がひんやりしていて、一面ステンレスのいかにも手術室だわ~という印象。
ステンレスの銀色と、医師看護師の着衣の水色と白色の世界。

手術室の医師&看護師に付き添われて、一番奥の部屋へ。
移動しながら、後ろを振り返ったりきょろきょろしてみると、長ーい廊下にいくつもの部屋があります。
いくつぐらいあるんだろう・・・?

移動中、医師に「手術は初めて?」と聞かれ、「初めてです。」と言うと、
「昨日眠れた?」「いや、全然(笑」「やっぱり(笑。でも、手術中は全身麻酔でぐっすり眠れるから大丈夫だよ。」
そういえば、今朝、姉とも同じ会話をした覚えが・・・

部屋に入ると、中央の手術台に上がるように指示されました。
スリッパを脱いで手術台に上がろうとすると、予想通り術衣の脇がぱかぱかと・・・(泣。
手術のときはどうせ脱ぐんだけど、やっぱり恥ずかしいですよ~。

仰向けに寝て、手術台の形通りに両腕を真横に伸ばします。
白い布が身体の上にかけられて、帽子が取れないようにおでこにテープで固定されます。

身体を固定されたり点滴を色々されている間に、ふと思いついて医師に「どうして全身麻酔なのですか?」と聞いてみます。
姉は、
「手術の内容からして、全身麻酔は考えられないよ。普通は腰椎麻酔だね。
腰椎麻酔ができない理由、例えば、腰に何か問題があるとかの場合は全身麻酔かもしれないけど・・・。でも絶対腰椎麻酔だよ。」
と力説していたので、麻酔科医の説明で「全身麻酔」と言われて不思議に思っていたのです。
「そういうことは前に聞いてよ~。
手術のときに足をあげるすごい格好をするから、意識が無い方がいいと思って・・・腰椎麻酔の方が良かった?」
いいえ。全身麻酔が良かったです。

色々されているうちに、「術衣を取りますよ~」と言われ、布の下に手を入れられ、ばりっと術衣の上身ごろがはがされます。
「下も取りますよ~」と、身体をごろごろされ、あっと言う間にすっぽんぽん。(注:T字帯はつけてます。布もかけてます。)

吸入用マスクを当てられて、いよいよ全身麻酔の開始です。
「眠くなる薬を点滴から注入するので、ゆっくり呼吸をして下さい」と言われます。
ゆっくり呼吸をします・・・おや?噂ではすぐに意識がなくなると聞いていたのですが・・・8ぐらい数えても眠くなりません。
「ゆっくり呼吸をして下さい」とまた言われます。いや、してるんですよ、ちゃんと。
数息呼吸をすると、お!天井の照明が横に揺れだしました。残像がぼやけた感じがなく揺れているので、変な光景です。

そして、そのままぷっつりと意識がなくなりました。

またまた、つづく。
nice!(0)  コメント(4) 

入院2日目(手術当日) その1~手術室入室まで [入院中(手術当日)]

手術当日。入院2日目。

--------------------
06:00 起床、浣腸、検温
08:15 術衣に着替え
10:00 点滴
11:45 病室出発
11:55 手術室入室(全身麻酔開始、手術開始)
12:57 地震(多摩地方震度4)
13:45 全身麻酔から目覚める
14:10 病室帰還
15:15 酸素を外す
15:45 飲水許可が出たので水を経口摂取
17:30 お小水の管を外す、手術後の初歩き
18:20 夕食(米飯(200g)、筑前煮、大根サラダ、豆腐とわかめの味噌汁)
18:30 手術後の初自力排尿
14:30 検温
21:00 抗生剤(フロモックス)服用、消灯
25:00 点滴外し(点滴終了)
--------------------

ついにきました。今日は手術だ!

6時ちょうどに看護師さんが来ました。浣腸です。
今日の看護師さんは、浣腸を抜いた後にガーゼをあてませんでした。
看護師さんによって違うのですね。

朝の検温は、かろうじて36度台。あぁ、良かった。

2件目の手術なので午前中に手術室に入るため、朝から準備開始です。
9時頃に医師が点滴を入れに来るので、それまでに術衣に着替えておくように指示されていました。
術衣は、白衣みたいな生地でできた、前後2枚の布地を両肩と両脇を数か所マジックテープ止める構造。
下はショーツのみで、直前にショーツを取ってT字帯を着用します。
前日に渡されていた術衣は、脇のマジックテープが何か所も切れていて、着ると横がぱかぱか開いてしまい、丸見え・・・(泣。
仕方なく、ぱかぱかしないように手で押さえながら、ベッドの上で静かにレース編みをして時間を過ごします。
医師は多分9時には来ないだろうしね。

9時頃、夫が到着。手術は家族が待機してないとだめなのよね。
9時半過ぎに姉も来てくれました。
今日、姉は夜勤のため14時くらいまでしかいることができません。姉がいるうちに病室に帰ってこれますように・・・

手術は2件目なので、1件目の手術の終わる時間によって開始時間が前後します。
11時くらいまでに手術室に入れれば、なんとか間に合うかなあ。

11時頃に看護師さんが来ました。手術時間が決まったか?
予想通り、手術時間の連絡でした。
うひゃー、どきどきしてきた。
病室を出る10分前に直前にする準備をします。
T字帯をつけて帽子をかぶるのですが・・・T字帯の付け方と帽子のかぶり方がわかりません。
そこは本職の姉がてきぱきと手伝ってくれ、難なく完了。

時間です。
看護師さん2人と一緒に、自分で歩いて手術室へ向かいます。
これがまた結構遠くて・・・
おまけに、術衣の両脇がぱかぱか開くもんですから、手で押さえながら、そして点滴も押しながらの移動です。

「この術衣、両脇のマジックテープが切れてて開いちゃうんですけど・・・」
と看護師さんに言うと、
「勢いよくばりっとはがすので、そうなっちゃうんですよ。」とそっけないお返事。
手術室までは、普通に病院内を移動するので、他の人の目が気になるんですけど・・・そういう配慮はないみたいですね。

手術室に到着。看護師さんは受付みたいなところで私の引き渡し作業をしています。
待合室で座って待っていると、20?30?くらいのかなりの数のストレッチャーが目の前にぎゅうぎゅうに置かれています。
このストレッチャーの台数分だけ、今ここで手術が行われてるのかあ。すごいよ!

名前が呼ばれ、私だけ手術室用のスリッパに履き替えて、ステンレスの扉の向こうに入ります。
病棟の看護師さんとはここでお別れです。

もう戻れませんよ!
初体験の始まりです。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 
入院中(手術当日) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。