So-net無料ブログ作成
検索選択
必需品(検査編) ブログトップ

検査のときに持っていきたいものと、服装 [必需品(検査編)]

外来受診は、細胞診・組織診・コルポ診・内診・触診など、いろんなことを何度も何度もします。つらいですね。

つらい検査を少しでも快適に、気持ちよくするために、検査をするときもしないときにも、外来受診のときには必ず持って行きたい物はコレです。


【ナプキン】
必須です。組織診のときには出血する人が多いと思います。
なにぶんデリケートな場所なので、その他の検査でも出血する可能性は大なので、必ず持って行きましょう。
病院によっては、検査の後、膣にガーゼや脱脂綿を入れて止血しますが、それでも完全に出血は止まりません。
1コで良いので、外来受診にはかばんにナプキン、忘れずに!

【厚めのタオルハンカチ
個人差もありますが、すっごく痛い検査もあります(泣。
落ち着くためにも、内診台に乗るときにはタオルハンカチを持っていくことをおすすめします。
少しぐらい痛くても、タオルハンカチをぎゅっと握りしめれば、痛さをこらえることができます。
痛かったり不安になったりして涙が出てきても、厚めのタオルハンカチなら涙をぐいぐいぬぐえます。
涙が出なくても、冷や汗は出ると思います。そんなときにも安心です。
手に何かを持っていると、なんだか落ち着く気がしませんか?心の平静のためにも、おすすめですよ。


「次回は結果の説明だけなので検査しませんよ」という医師の甘い言葉があっても、外来受診のときには必ずこれらの物は持って行きましょう。
検査の結果や、医師が変わったりするなど、「検査をした方がいい」と判断されたら検査はされます。
そんなに荷物になるものではないので、安心のためにも、ぜひ。


検査のときには、やっぱりスカートで行った方がいいと思います。
当然下着はとるのですが、スカートだとはいたまま内診台に乗って台の上でおへそのあたりまでたくしあげればよいのですが、パンツだと下着と同じタイミングで脱がなきゃいけない・・・つまり、下半身まるだしで内診台まで移動して内診台に乗らなきゃいけないのです。
カーテンで仕切られているとは思いますが、やっぱり下半身に何もつけずに他人の前を歩くのは恥ずかしいと思うのです。

スカートのときには、ストッキングじゃなくて、靴下か裸足が良いと思います。
これは、脱ぎ着が面倒くさいから、ということです。
婦人科は結構混雑しているので、手早く着替えて、早く診療室を空けないといけないかなーと思います。


スカート/パンツの件ですが、私が行っていた病院では、待合室の人たち、パンツが多かったのですよね・・・
スカートは私を含めて毎回10人に1人くらい。
下半身まるだしで内診台に乗るのって、私はかなり抵抗があったのですが、みなさんそうでもないのかなあ?
内診台って乗るの難しくてもたもたしちゃうのですが、乗るときには必ず看護師さんいるから、やっぱり下半身まるだしは恥ずかしかったので・・・
それともみなさん内診はしてないの?

台に乗っちゃえばスカートもがばっとまくっちゃうので関係ないのですが、なんとなく気持ちとして、スカートがいいかな・・・と。
nice!(0)  コメント(0) 
必需品(検査編) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。