So-net無料ブログ作成
検索選択
子宮頸癌とは ブログトップ

子宮頸癌とは [子宮頸癌とは]

子宮頸癌(しきゅうけいがん Cervical cancer)


子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)の長期間の感染により発症することが多い、ということが最近の研究で明らかになっています。
感染しても、多くの場合は免疫力によってHPVが体内から排除されますが、約10人に1人の割合で感染が長期化し、子宮頚部の細胞に異形成(子宮頸癌の前の病変)を生じるといわれています。
異形成を生じたごく一部が、子宮頸癌に進行します。

子宮頸癌は、予防可能な癌です。
子宮頚部細胞の異形成が検診で発見可能なため、定期的な子宮頸癌検診により、異形成の段階で発見・治療することで、癌の発症を未然に防ぐことができます。


科目は婦人科になります。
nice!(0)  コメント(0) 
子宮頸癌とは ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。