So-net無料ブログ作成
検索選択

2009年8月の細胞診 [フォロー]

2009年8月25日(火)、定期検査に行ってきました。

今回も、定番の細胞診とエコー&触診です。
細胞診は、子宮頚部のスメア(綿棒による採取)と子宮頚管のブラシによる採取。
エコーと触診による卵巣と子宮の検査です。

すぐに結果がわかるエコー&触診は、今回も異常無し。

問診では癒着の兆候がないかの質問が中心。
全体の出血量は変わらないけれど生理の前後日数が少し長くなったことが気になったので言ってみましたが、カルテには記入するものの、特に問題はなさそう。

今回驚いたのは、内診のときに「おや?排卵してるね。排卵した後かな。」と言われたこと。
勉強で知らなかったのですが、排卵ってエコーでわかるのですね。

さすがに、びらんは無くなったようでした。
1年以上かからないと傷口はふさがらないのか…さすが内臓。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。